太郎木工

太郎木工ブログ

2016年4月

木製プロペラの製作 その4 

160426-9.jpg

表面左右の切削加工が終わり、裏側の切削に入ります。
表面で随分と慣れたので、大分思い通りに削れるようになりました。

そして少ない脳みそと、手持ちの道具を総動員してガリガリと削ること約1週間強!
やっと出来上がりました~!!


160426-10.jpg

裏面~


160426-11.jpg

表面~


160426-12.jpg

全景~

楽しそうな仕事だと受けたものの、計測に手こずり、腕が上がらなくなったりと、
心が折れそうになりましたが、(大袈裟か?)なんとか形にする事が出来ました。
諦めずキチンと計測をして、ひたすら手を動かして行けばなんとななるんだなぁ・・・

製作に当たり沢山のヒントをくださったYさん、
SNSの投稿をご覧になり、アドバイス頂いたKさん。
本当にありがとうございました!

次は塗装屋さんにお化粧をしてもらって、お嫁入りとなります。

木製プロペラ製作 その3

160426-6.jpg

さて、いよいよ切削加工開始です。
まず電気鉋などを使い、墨を見ながら元気よく余計な部分を削って行きます。

墨の直前まで削れたら、手鉋に持ち替えて、
削り過ぎないよう気を付けながら墨をしたラインまで削ります。


160426-7.jpg

墨ピッタリ!これで立面形のアウトラインが出ました。

重たい材料を振り回すのに一苦労ありますが、
ここまでは機械的な作業なので、割と簡単・・・


160426-8.jpg

ここからは、計測冶具を当てては削り、当てては削りを地味に繰り返して行きます。
そして鉋が切れ止んだら刃を研いで、また当てては削り、当てては削り・・・
朝から晩までひたすら削って行きます。

お陰で作業が終わるころには、腕と肩と腰がパンパンです。
ナサケナイ・・・


木製プロペラの製作 その2 

160426-1.jpg

計測作業が終わり(かなり手こずりましたが・・・)いよいよ製作に入ります。

実物を良く見ると、一本の木から削り出しているのではなく、
厚さ15㎜の板を7層張り合わせて塊を作り、それを削り出している様なので、
まずは薄板を張り合わせて木の塊を作ります。

大きさは、長さ2.100㎜×高さ105㎜×幅210㎜
塊になると結構な重さです。


160426-2.jpg

塊が出来たら、形が安定しているうちにボス部分の取り付け穴 8 箇所の穴あけをして、
型板を使いハンドルーターで平面の形に成型します。
プロペラ軸の取り付け穴は、あけてしまうと中心が判らなくなってしまうので、
最後にあけることにしました。


160426-4.jpg

平面形が出来たら今度は立面形の墨付け


160426-5.jpg

断面形は墨付け出来ないので、
100㎜ピッチに付けた墨と、等高線が交わるポイントに小さなキリで高さの目印を付け
削った時の目安をとします。

これで削る前の下準備が終了!
次回は切削加工に入ります。


木製プロペラ製作 その1

160422-3.jpg

大正時代に製造された飛行機の木製プロペラです。
全長2.100㎜ 高さ110㎜幅200㎜、木製固定ピッチの2枚羽で、
樹種はクルミではないかとの事・・・

訳あって、このプロペラの複製を作る事となりました。
まずはオリジナルの計測作業から始めましたが、これが中々難しい・・・
さて、出来るかな?

RSS
« 2016年3月 | ブログトップページ | 2016年5月 »
1  2