太郎木工

太郎木工ブログ

現場日誌

世田谷区Y幼稚園 納品

150326-11.jpg
世田谷区にあるY幼稚園に、家具をを納めて来ました。
建物は築48年で、内部の家具は当時の物を大切にメンテナンスをしながら使用されています。

今回作らせて頂いた家具は、写真の奥に写っている園児用のロッカーと、
手前にある既存のロッカーの上にある先生が使う引き戸の収納です。
塗装を既存ロッカーの色や質感に合わせる事で、上手く全体の雰囲気に馴染んだと思います。


150326-12.jpg

最近はスライドレールなどの金物を使う事が多いのですが、今回は既存の家具に合わせ※吊桟
で引き出しを製作しました。吊桟とは、引き出しの側板に溝を切って、
本体内部に箱の溝に合わせた桟を取り付け、差し込んで引き出しを出し入れする方法です。


150326-13.jpg

ロッカーの上は収納になっています。子供達が使う紙や道具など
かなりの量が収納できます。


150326-14.jpg


こちらは先生方が使う引き戸の収納です。こちらも大容量!

完成後園の方に「前からあったみたい」仰って頂けました。

先にも書きましたが、既存家具は、春休みなどのお休みの際に、
先生方がペンキを塗るなどメンテナンスをしながら大切に使われて来ました。
今回作らせて頂いた家具もきっと大切に使って頂けるのだと思います。
作り手冥利に尽きますね・・・

神棚とお仏壇

140115-2.jpg

先日、リビングダイニング収納を納めさせて頂いたお宅に、
神棚とお仏壇を納める収納も製作させて頂きました。


150115-3.jpg

お施主さんが、以前お住まいになっていたお家で使われていた欄間の下に
ピタリと収まりました。

しかし立派な欄間ですね。
製作した家具が、欄間のお陰で一層立派に見える様な気がします。

目黒区 M邸 リビングダイニング収納 取り付け

目黒区のM様のお宅に大きな家具を作らせて頂き、
先日無事取り付けを完了しました。


150111-3.jpg


150111-4.jpg


最近はプリントの技術が向上して見栄えも良くなっている事や、
強度、コストの面から、シート合板やメラミン化粧板を使用する事が多くなっていますが、
今回製作した家具は、見え掛かりを全てホワイトウォークの突き板と挽き板で仕上げ、
塗装を施しています。

プリント合板やメラミン化粧板の均一感も良いですが、
塗装仕上げも雰囲気があって良いですね。


関連の記事をまとめてみました。
お時間のある方は覗いてみてください。

1.http://taromokko.com/diary/2014/10/post-238.html

2.http://taromokko.com/diary/2014/12/141212.html

3.http://taromokko.com/diary/2014/12/post-254.html

4.http://taromokko.com/diary/2014/12/141222.html

今年最後の現場(多分) 

141210-11.jpg

新宿区にある某大学病院に、家具の取り付けに行って来ました。
ちょっと早いですが、今年の現場作業はこれが最後(多分・・・)

現場は終わりですが明日からは、すでに取り掛かっていて、
新春早々に納める家具の製作を、年末までに終わらせなければいけません。
気忙しくなってきましたが、引き続き事故や怪我の無い様がんばりたいと思います。


宙吊の押入れの取り付け

141105-b-1.jpg


世田谷にある新築のお宅に、下部に空間がある宙吊りの押入れを作らせていただきました。
下部に空間を設けるのは、空間を広く見せるためで、お施主さんのご希望。
後々照明を取り付ける予定だそうです。


141105-b-2.jpg

幅も奥行きもある大きな収納を宙吊りにするので心配もありましたが、
予め、建築屋さんに下地を補強してもらっていたので、
しっかりと取り付けることが出来安心しました。

RSS
前の5件5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15