太郎木工

太郎木工ブログ

代掻き

170523-12.jpg

日曜日は田んぼに行って代掻きをして来ました。
前の週に天地返しをした田んぼに水を入れ、
土の塊を砕いて平らにならし田植えに備えます。

膝の辺りまで泥に浸かって、小型の耕運機とトンボなどで田んぼをならして行くのですが、
これが中々の重労働。一連の田んぼの作業の中で一番きつい作業だと思います。


170523-11.jpg

さて、私は小型の耕運機を使って作業をしましたが、
耕運機を押して田んぼを一周するだけで、息が上がって腕も上がらなくなります。
本来それほど力を入れなくても良いらしいのですが、慣れない私はそうもいきません。
何周かして田んぼから上がった時にはもうフラフラです。

170523-10.jpg

なにはともあれ今年の代掻きも無事終了!
六月の上旬に田植えとなります。

フラッシュ家具を作る その4

170516-1.jpg

阿佐ヶ谷美術専門学校でのフラッシュ家具を作る実習も、
一昨日の授業でいよいよ最終回。
前回、組み立ての工程まで進んだキャビネットの外装を仕上げ、
扉にスライド丁番を取り付け完成させます。


170516-6.jpg

170516-7.jpg

午後の授業を30分前倒し、終わりを少し延長して約4時間×3回の12時間
プロなら十分な時間ですが、初めての経験で戸惑いながらの学生達には、
ちょっとハードだったかもしれません。
でも、全員なんとか完成させることが出来ました。

DSCN8363.JPG

今回の授業の趣旨は、職人になるための物ではなく、
フラッシュ家具の構造を理解し、
将来彼らが、インテリヤや家具をデザインする際の
手掛かりになればと思い企画しました。

かなり駆け足で進めてしまってので、
伝えきれなかったことも多く心残りではありますが、
それぞれで、応用、発展させて
卒業制作で身の丈より大きな家具なんて作ってくれたら嬉しく思います。


天地返し

170515-3.jpg

今年もこの季節がやって来ました。
昨日は近所の田んぼで天地返しがあったので、
お手伝いに行って来ました。

※写真は苗の世話をするお姉さま方


170515-2.jpg

天地返しとは、田んぼの土の表層部と下層部の土をひっくり返して、
硬くなった土を砕いて柔らかくする作業の事。
この作業が終わると田んぼに水を入れ、代掻きと言ってさらに土の塊を砕いて
田んぼを平らにならす作業をします。

以前は人間の手で押す小さな耕運機と、鍬でやっていましたが、
最近は少し大きめの耕運機で大きな面積を耕すことが出来るので、
随分と楽になりました。

あっ!そうそう、水路の掃除をしていた人が、蛍の幼虫が居たと言っていましたよ。
今年もたくさん見られると良いなぁ・・・

代掻きは来週、6月の頭に田植えと続きます。


最近のエントリー

RSS
前の5件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11