太郎木工

太郎木工ブログ

日々の暮らし

木工教室 その1

160706-32.JPG

毎年、地元小学校の図工室で木工教室をさせて頂いておりますが、
今年は隔年で行っている「船を作ってレースをしよう!」という子供達に人気の企画です!
先週末にその代1回目を行いました。


160706-34.jpg

まずはどんな船にするかイメージを膨らませます。
これはかなり練られている感じがしますね~


160706-33.jpg

160706-31.jpg

形が決まったら、電動糸鋸盤で船体を切り出し、鉋や小刀などを使って
形を整えて行きます。


160706-30.jpg

そして組み立てです。
イメージどうりに出来たかな?

半日と言う短い時間でしたが、それぞれ思い思いの船が出来上がりました。
次回は色塗りです。

バースデーケーキと梅干しと

160614-1.jpg

6月生まれが2人いる我が家。
今年もバースデーケーキを2台作りました作りました。

例年ならいちごが出回らなくなる季節なので、飾り付けに悩むところなのですが、
今年のいちごは息が長い様で、手に入れる事が出来ました。
チョットお高かったですけどね・・・

160614-2.jpg

こちらは梅干し用の梅。
仕事も立て込んでいるので、諦めようと思ったのですが、
在庫も少なくなってきたので、2kgだけ漬けることにしました。

やる気になれば、ほんの数時間あれば出来てしまう事なので、
諦めずにやってヨカッタです。


さて、仕事もがんばりますよー!


田植え

150605-1.jpg

日曜日は朝から雨がしとしと降っていたのですが、
案内には小雨決行とあるので、田植えが行われる地元の田んぼへ行ってみると
すでに大勢の人が準備をしていました。

お年寄りの方のお話しでは、この辺りは昔、畑と田んぼの両方を
する農家が多く、この季節は晴れたら畑、雨が降ったら田んぼのお手伝いを
させられたのだそうです。

考えてみれば、梅雨時期なので雨降りは当然なのか・・・


160605-3.jpg

とは言え10時過ぎには雨も上がり、曇天で丁度いい気温の中
田植えを行う事が出来ました。

私は役割は、はちびっ子の田植え指導。
身体も小さく歩くのすら覚束ないチビ達が、田んぼの底に苗を植えるのは大変です。
稲と一緒に手も植わってしまい身を起こせなくなったり、
起こしたと思ったら尻もちを突いたり大騒ぎです(笑)


160605-23.jpg

今年も無事、田植えを終える事が出来ました。
崖線沿いの草むらでは蛍が飛び始めたそうです。


代掻き

160527-1.jpg

少し前の事になりますが、田んぼで代掻きをして来ました。
代掻きとは、田んぼに水を入れて、土を砕いてかきならす作業のこと。
私の感覚では、一連の作業の中で一番キツイ作業だと思います。


さて作業ですが、田んぼに入るとズブズブっと足が沈んで、足を抜こうとしても中々抜けません。
なので歩くのも中々大変です。
そんな不安定な足元の中、熊手の様な鍬で土の塊を砕いたり、トンボで田面をならしていきます。


DSCN6082.JPG

今年は水路に水を上げるポンプが止まってしまい、
水が田んぼに入らなくなるアクシデントがありましたが、
例年通り、お昼すぎに無事作業が終わりました。

そして帰宅後私も、例年通り夕方まで泥の様に眠りました。

次回はいよいよ田植えです。

近況

DSCN5986.JPG

五月も半ばを過ぎ、夏の気配を感じる季節になって来ました。
月日の経つのが早いですね~ って最近何度も行っている気がしますが、
ホント早いですね・・・

私は相変わらずバタバタと日々を過ごしておりますが、
先日は、仕事の合間で田んぼのお手伝いをして来ました。
普段は室内で仕事をしているので、農作業はしんどいのですが、
オープンエアーは気持が良いので気分転換になります。

次回は代掻きと言う作業をやる予定だそうです。
行けるかなぁ・・・

RSS
前の5件6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16