太郎木工

太郎木工ブログ

2018年5月

代掻き

180520-2.jpg

先日の天地返しに引き続き、昨日は代掻きをしました。 
代掻きとは、田んぼに水を引き入れ、土の塊を砕いて平らにならす作業の事を言います。
 ここ数年水が少なくて土を平らにならすのが大変でしたが、
今年は水も多く、例年に比べ随分楽だった様な気がします。

 そしてそろそろ蛍が飛び始める頃ですが、
蛍が生息している周辺の湧水の量も多いとの事なので、
今年は昨年より多く飛んでくれるかも知れません。

180520-3.jpg

苗の成長を待って、次回はいよいよ田植えとなります。

 

 

ネコさんごめんね。

180519-1.jpg

今日は、ちょっと前のお話しではなく、今日取り付けに行った現場のお話です。
ややこしくてすみません・・・

 今日は埼玉県の志木市まで、建具枠と建具を取り付けに行って来ました。
取り付ける場所が階段の昇り口と言う、ちょっと変わった場所になります。
 理由はネコさんが2階に上がって行かない様にするためで、
ネコさんにはちょっと可哀そうなお話しなのですが・・・

180519-2.jpg

 ネコさんには別室で待機して頂いている間に設置完了!
それを見て呆然とするネコさん・・・ 

 残念、もう2階には上がれないよ。
ネコさんごめんね・・・

ちょっと前のお話し その10

IMG-1004.JPG

1月の末にお客様と静岡まで品物を見て決めて来た、
ブラックウォールナットの突き板の出番がやっと回って来ました。

 この写真は、3月10日19時49分頃の作業場の様子です。
目黒のS様のお宅に納める、間仕切りを兼ねた大きな家具の一部、
バックヤードとなるミニキッチンと、表側の部屋から使う引き出し部分を
作っているところです。

この後幾つかの箱とパーツを作り組み立てて、大きな家具になって行きます。
                                 

                               つづく

天地返し

180514-10.jpg
 
またまたこの季節がやってまいりました。
とは言ってもザリガニ釣りではなく、地域の田んぼの天地返しです。
 天地返しとは、田んぼの土の表層部と下層部の土をひっくり返して、
硬くなった土を砕いて柔らかくする作業の事を言います。
この子は水路の草刈りの際見つけたザリガニ君。

続きを読む...「天地返し」

ちょっと前のお話し その9

IMG-0949.JPG

 ちょっと前のお話しのつづきです。
2月の末に青山の靴屋さんの納品を終え、入れ替わりに目黒のS様のお宅に納める
間仕切りを兼ねた大きな家具の製作に入りました。

 この家具は、応接室とワークスペースとを間仕切る壁の役割も兼ねていて、
大きな書棚が左右に開閉し、建具の役割を果たしたり、
一角にはバーカウンターも備わる多機能の家具となります。


 これは可動する書棚を乗せる台車で、重量のある書棚をスムーズに動かすために、
1個で250kgまで耐えられる戸車を4個使っています。
 書棚が1tになる事は無いのでオーバースペックなのですが、動きもスムーズで安心です。

 本来なら書棚を作ってから台車を作るのところなのですが、
設置する場所の床がタイル仕上げのため、後からレールを埋め込む事が出来ないので、
合板にレールを取り付けた下地をタイル工事前に床に設置する必要があり、
家具本体より先に製作して現場に設置する事になったのでした。


つづく

最近のエントリー

RSS
« 2018年4月 | ブログトップページ
1  2