太郎木工

太郎木工ブログ

2018年5月

ちょっと前のお話し その9

IMG-0949.JPG

 ちょっと前のお話しのつづきです。
2月の末に青山の靴屋さんの納品を終え、入れ替わりに目黒のS様のお宅に納める
間仕切りを兼ねた大きな家具の製作に入りました。

 この家具は、応接室とワークスペースとを間仕切る壁の役割も兼ねていて、
大きな書棚が左右に開閉し、建具の役割を果たしたり、
一角にはバーカウンターも備わる多機能の家具となります。


 これは可動する書棚を乗せる台車で、重量のある書棚をスムーズに動かすために、
1個で250kgまで耐えられる戸車を4個使っています。
 書棚が1tになる事は無いのでオーバースペックなのですが、動きもスムーズで安心です。

 本来なら書棚を作ってから台車を作るのところなのですが、
設置する場所の床がタイル仕上げのため、後からレールを埋め込む事が出来ないので、
合板にレールを取り付けた下地をタイル工事前に床に設置する必要があり、
家具本体より先に製作して現場に設置する事になったのでした。


つづく

三鷹市K邸 デスクとオープン棚

 皆さんGWは、如何お過ごしでしたでしょうか?
お天気も良かったので、遠方にお出かけされた方も多かったのではないでしょうか?

 さて、私はと言いますと、仕事が残っていたのでどこにも出掛けず、
ほぼ工場と家の周辺をうろうろとしていましたが、
工場を訪ねて来てくれた懐かしい友人とお話しをしたり、
野川沿いを歩いて帰る途中に、庭先から声を掛けられて、
飛び入りでBBQに参加させて頂いたりと、
なんだかんだで充実したGW過ごすことができました。

そしてお休み明けの今日は、家具の納品です。


180507-2.jpg


180507-1.jpg

 三鷹市のK様のお宅に、勝手違いのデスクとオープン棚を2組納品させて頂きました。
木目柄のメラミン化粧板とアイボリーのポリ板の組み合わせは、すでにあるベットと色を
合わせてあるので、一体感があって、お部屋がより広く感じます。

 オープン棚の側面を、壁なりに鉋で削って調整したので、少し手間は掛かりましたが、
隙間なくピタリ!と収まってお客様にも喜んで頂く事が出来ました。

最近のエントリー

RSS
« 2018年4月 | ブログトップページ | 2018年6月 »
前の5件1  2