太郎木工

太郎木工ブログ

日々の暮らし

梅干し

170621-1.jpg

梅干しを漬け始めました。
今年は生協で頼んだのですが、斑点があったり傷がある物が多くて、
4kgのうち使えるのは3kg分でした。

返品も出来たのですが、時間も掛かるし、
せっかくやる気になったのでこのまま続行!


170621-2.jpg

でも、はねた1kgは梅ジャムになりました。
これはこれで美味しいので良しとしますかね・・・

My wife's birthday

170604-2.jpg

妻の誕生日に恒例のケーキを作りました。
ちょっと前まで5人で食べていたのに、
長男と長女が家を出たので、今は私と妻とチビの3人で食べました。
型はいつもと同じ大きさなので、人数が少なくなった分、
今までよりたくさん食べられます。
たくさん食べられるけど、やっぱり少し寂しかったりもします・・・

田植え

170603-1.jpg

週末は田植えに行って来ました。
田植えは例年、この時期の土曜日と日曜日の2日行われ、
土曜日に地元の小学校5年生が、日曜日は、応募のあった一般の方々が
たくさん来られ、田植え体験をします。


170603-2.jpg

今回私は、土曜日に行われた小学校の5年生の田植え体験のお手伝い。
膝の下まで田んぼに浸かり、子供達と一緒に田植えをしました。
思えば、ウチの子供達もここで田植をしたんだなぁ・・・
そのうちウチの子供の子供もここで田植えをしたりして?
水面に映り込んだ綺麗な空を見て、そんな事を思ったりしました。
いつまでもこの場所が変わらずにあって、この景色を眺める事ができたらいいな。


代掻き

170523-12.jpg

日曜日は田んぼに行って代掻きをして来ました。
前の週に天地返しをした田んぼに水を入れ、
土の塊を砕いて平らにならし田植えに備えます。

膝の辺りまで泥に浸かって、小型の耕運機とトンボなどで田んぼをならして行くのですが、
これが中々の重労働。一連の田んぼの作業の中で一番きつい作業だと思います。


170523-11.jpg

さて、私は小型の耕運機を使って作業をしましたが、
耕運機を押して田んぼを一周するだけで、息が上がって腕も上がらなくなります。
本来それほど力を入れなくても良いらしいのですが、慣れない私はそうもいきません。
何周かして田んぼから上がった時にはもうフラフラです。

170523-10.jpg

なにはともあれ今年の代掻きも無事終了!
六月の上旬に田植えとなります。

天地返し

170515-3.jpg

今年もこの季節がやって来ました。
昨日は近所の田んぼで天地返しがあったので、
お手伝いに行って来ました。

※写真は苗の世話をするお姉さま方


170515-2.jpg

天地返しとは、田んぼの土の表層部と下層部の土をひっくり返して、
硬くなった土を砕いて柔らかくする作業の事。
この作業が終わると田んぼに水を入れ、代掻きと言ってさらに土の塊を砕いて
田んぼを平らにならす作業をします。

以前は人間の手で押す小さな耕運機と、鍬でやっていましたが、
最近は少し大きめの耕運機で大きな面積を耕すことが出来るので、
随分と楽になりました。

あっ!そうそう、水路の掃除をしていた人が、蛍の幼虫が居たと言っていましたよ。
今年もたくさん見られると良いなぁ・・・

代掻きは来週、6月の頭に田植えと続きます。


最近のエントリー

RSS
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11